ソーシャルシェア促進!Open Graph Proプラグイン記事更新日2012年12月24日

今回ご紹介するのは、「いいね!」が押された時に、ニュースフィードに表示される内容をコントロールできるOpen Graph Proプラグイン。

Facebookからのトラフィックを増やすためにOGPを整えるのは、今や常識になりつつあります。
何度やっても、OGP設定方法を忘れてしまいがちなので、備忘録をかねて紹介します。

OGPって何のこと?

OGPというのは、「オープングラフプロトコル」の頭文字をとったもので、
サイトの内容をソーシャルへ流すときの決まりを作ってあげるイメージです。

OGPを設定してあげると「いいね!」ボタンを押してくれた人の友達のニュースフェードにも
投稿記事内容が表示されるようになります。
だから、口コミ拡散されやすくなるのです。

プラグインの使い方

プラグインをインストールして有効化すると設定タブにOpen Graph Proが追加されます。

Set Object Type to:「Blog」 を選択。
Image:記事内に画像が見つからない場合、使用されるサムネイル画像を設定
Admin User:FBのユーザーID
Application ID:FBアプリケーションID

「変更を保存」で設定完了。

※ユーザーIDは、FBログイン状態で
「アプリケーションを作成」→「新しいアプリケーションを作成」から取得します。

App Display Name は任意の名前で大丈夫です。

少しでもソーシャル経由のトラフィックを増やすためにも、記事のサムネイル画像入り「OGP」の正しい記述は不可欠です。

それを簡単に設定できる「Open Graph Pro」はかなり便利なプラグインだと思います。