ソートができるテーブル作成プラグインWP-Table記事更新日2013年1月20日

今回ご紹介するのは、ソートができるテーブルを作成できるプラグイン「WP-Table」です。
このプラグインを使用すれば、価格や性能の比較表が簡単に作れてしまいます。

プラグインの使い方

プラグインをインストールして有効化します。

ツール > WP-Table Reloadedからテーブルを作成していきます。

「新しいテーブルを作成する」をクリックして新規テーブルを作ります。
行の数と列の数を入れて「新しいテーブルを作成する」ボタンをクリック。

テーブルの詳細設定でTable Contentsに項目を記入していきます。
データ操作ではテーブルのデータにリンクを入れたり行や列の追加ができます。

テーブルスタイルオプションでスタイルを設定して
DataTablesJavaScriptではソート機能の動きを設定できます。

動きの詳細は公式サイトをご参照ください。

作成したテーブルの表示は、以下のタグを記載します。

[table id=table id=○ /]

の部分を表示されているテーブルIDに変更します。

一つ目のテーブルならば、

[table id=table id=1 /]

となるはずです。

ユーザーにも使いやすいテーブルが簡単に作成できるので便利です。