記事更新をtwitter自動投稿プラグインWordTwit記事更新日2013年1月24日

今回ご紹介するプラグインは記事の更新を自動で自分のtwitterアカウントに投稿してくれる「WordTwit」です。
アクセス数対策として利用できます。

プラグインの使い方

プラグインをインストールして有効化します。
WordTwit

設定 > WordTwitから設定をしていきます。

URL Shortening : 使用するURL形式の選択

Account Login / Tweet Message : tweet形式の設定とtwitterアカウント認証

Tag/Category Options : 特定のカテゴリ・タグのみtweetしたいときに入力

Advanced Options :
Enable Urchin Tracking Module (UTM) Tags (for statistics tracking):トラッキングタグを使う
Enable Tweet Queue – Experimental (for failed Tweets):ツイートに失敗した場合、再度試す為にキューに登録される
Allow Tweeting of Old Posts:古い記事もツイート許可
Disable CURL support:CURLを無効
Enable Debug Log:デバッグログを取得

「Update Options」をクリックして設定完了です。