エディタの位置を記憶するPreserve Editor Scroll Position記事更新日2013年1月25日

WordPressで記事を書いていて、更新や下書きをするとスクロールは一番上に戻ってしまいます。

今回ご紹介する「Preserve Editor Scroll Position」を使用すれば、
下書き・更新した位置を記憶してくれてそこから表示してくれます。

プラグインの使い方

プラグインをインストールして有効化します。
Save Editor Scroll Position

特に設定は不要です。有効にすればすぐにエディタに反映されます。

いまいち便利さが伝わらないかもしれませんが、例えば長い記事を書いていて、
途中で消えてしまっては困るので「下書き保存」をしたとします。

下書き保存するとスクロールが一番上に戻ってしまうので、
続きを書くのにどこまで書いたかスクロールして探さなくてはいけません。

何度もこれを繰り返していると小さなことですが、以外と面倒になってきたりします。

そこでプラグインを使用して、
保存を押したときにjQueryで自動で元の位置に戻してくれるようにするのです。

とても小さなことですが少しでもストレスなく記事の更新ができるよう、
気になった方利用してみてください。