WordPressで多言語化を実現しているサイトピックアップ記事更新日2013年3月13日

誰でも世界に向けて情報発信できることは、WEBサイトの大きな魅力の1つです。

今回はWordPressを使用して、
サイトの多言語化を実現しているサイトをピックアップしてご紹介。

世界に向けてコンテンツを展開したい方はぜひ参考にしてみてください。

WordPressで多言語化を実現しているサイトピックアップ

■ 災害看護グローバルリーダー養成プログラム

国公私立の大学院が集まって運営する災害看護分野の共同大学院公式サイト。
右上の「Ebglish」ボタンをクリックすると、
コンテンツが英語で表示されます。
スライダーの動きがダイナミックでお洒落な印象。

http://www.dngl.jp/

■ リサ・パートナーズ

不動産投資事業とコンサルティングを行う企業の公式サイト。
右上の「Ebglish」ボタンをクリックすると、
一部のコンテンツとナビゲーション項目が英語化されます。
対応しているのは、「Corporate Profile」「Partners」の部分だけのよう。
海外投資家向けの情報発信を目的とした対応のようです。

http://www.risa-p.com/?lang=ja

■ 日本リハビリテーション医学会

公益社団法人日本リハビリテーション医学会の公式サイト。
右上の「Ebglish」ボタンをクリックすると英語表記のページが表示できます。
日本語のサイトを英語化しているわけではなく、別に英語のページを作成しているようです。

http://www.jarm.or.jp/